太陽光パネル

昨今太陽光パネルを自宅に取付たり、事業所の屋上にパネルを取り付けた・・等の問合せが来ております。

個人のお客様については火災保険にて対応させていただいております。

事業所のお客様については別途お問い合わせください。

設置できる土地を持ってるとこだと・・これも新たな事業の方法なんだなぁ・・と

ただただパネルの枚数に(゜д゜)  (take)
スポンサーサイト

リスク分析

本日は少し遅いご出勤( ̄ー ̄) ちょっとだけ重役出勤気分
とはいいながら、起案したものを提示しに行くまであと2時間位・・・

保険料が高い安いという事で、とあるお客様の紹介で物件と証券を拝見

(メ・ん・)? 

注視したところはこの物件店舗なんで、まずはその金額・・・協定しないのね・・・
店舗賠償はまぁこんなところでしょう・・・・
什器備品は・・・これ足りてないなぁ

火災保険の料率が変わり、木造か鉄骨かで区分されている方もいるようですが、耐火か非耐火かなんですよね。。
要は燃えるか燃えにくいかなんですが、店舗の場合木造でも耐火構造で作らないと建築許可がおりない物件はいっぱいあります。場所によっては防火指定があるところもあります。

マニアックな話になりますが、火災保険と建築基準法って結構リンクしてます。ここ数年に建てた建物で外壁が耐火でないものを探すほうが現在のところは難しい・・というより見たことがない。。土壁とか古民家再生とかは別ですけど・・ほとんど防火サイディング・・

鉄骨造りの方→耐火構造決定です。 一般住宅ならTもしくはM  店舗等であれば2級以上が決定です。
木造の方→外壁が防火であるか?(設計書に国土交通省○○○○○○って番号がある事が多いです。)
     内装が不燃材であるか?(保険的にはこれ耐火被覆って言ってますが・・・)
     で決まっちゃいます。

実はこれも店舗だと用途によって内装制限が決められてます。建築関係の方はご存知だと思いますが、
建築基準法施行令第128条の3の2ってやつです。ググッてみると結構面白いです。
ただ表記がわかりづらい・・・調理室とかだと住宅以外の建築物の火をつかう設備を設けたもの・・・って書いてある。検査済証の主要用途ってとこで大体の判断つくので、こういったところから考慮してみると奥が深いっす。

一昔前(まだ現役の人もいるだろうけど・・・)の保険関係の人だと証券見せて下さい。って言って保険料を割り引いたり、保証下げたりして契約してる人いると思いますが、私はそういうのはしません。
なぜかというと保険料が高いか安いかで決めてしまうといざとなったときに価格にしか目がいかなくなるし、
本当に必要なところはどこを重視するのか?で決めて欲しい。どんな人でも自分の大事な所にはお金をかけると思う。(ゴルフショップでクラブ衝動買いする人もいるけど・・・(-_-;)
Fと話す時は根拠はコレ・・と提示すれば済んでしまう。理解してるんでしょう。。。というよりコイツは頭がいい。。。主語が無くても通用するし・・・Fみたいなのが同業者であんまりいなくて良かった。。とシミジミ

さて、今日も頑張ります。(take)

ははは・・・(T▽T)

京都に行っていたころ、仕事でのトラブルというか知識不足というか泣ける状況に・・なっていました。
火災保険で木造のお客様に耐火・非耐火を問う際に、鉄骨のお客様は問題全くありませんが、木造耐火構造なる建物が多々存在します。
そこで確認書類となるものが、建築確認書・・・
保険会社ではこの4面を求められます。。。ははは・・・そうはいってもね・・・しっかり落とし穴あるんですな・・・これが・・
4面には耐火建築物と書かれた区分がありんす。耐火と書かれてればすぐわかるんですけど・・その他って記載があるものがあります。
そこでワンポイント(珍しい・・)
①3面で防火地域指定があるか確認する
(防火地域・準防火地域・22条・29条と記載があるかどうか確認します。・・ここでちょこっとだけ知識がある人は22条・29条は屋根と外壁に関する条例なんで非耐火の可能性があります。。くらいのことを言う輩がいますんで、注意してください。)
②3面に使用目的っていう蘭があります。22条で200㎡を超える共同住宅等で2階建ての物件は確実に耐火構造になります。ここでは面積と使用目的を確認します。
③上記の①②に該当しなくて初めて4面を見ます。大体こういう形だと4面では耐火建築物にその他と記載があります。その下段に屋根・壁・軒裏の部材の使用が書かれてます。そのとなりに、(   )で番号がふられていたら大体が防火認定(国土交通省認定)の番号です。
・・・・ってことは耐火構造じゃんってなるんですね。。。
新しい建物はほとんどコレです。耐火・非耐火だと保険料が倍くらい違います。誤っていた場合、訂正できますので、注意して見てください。その他建築確認書以外に、設計図や仕様書でも代用できます。
約款がすべての保険において、火災保険についての耐火・非耐火は結構建築基準法に基づいて作られてるなぁって感じがします。久々まともな話だ・・・(take)

満期案内のご確認

火災保険の満期案内をみたら前年12000円→15000円程度にあがってるんですが。。という問い合わせを数件いただきました。よくよくみたら、持ち出し家財がなくなっているので、携行品が100万とかついてます。
確かに前年同条件ではなく前年同水準とかかれてますが。。お客さんはまず見ないだろうなぁ。。。
携行品として必要なものであるものならともかく。。ですが、必要ない場合は当然見積をやり直します。
あと不思議なのは免責5万っていうのが。。。
火災保険の満期案内については早急に対応いたしますので、今回4月分の満期案内が郵送された方には再度ご案内いたしますので、ご了承ください。(take)

施設賠償特約

朝一で坂城町でした。
マンションの一室を事務所として使用しているお客様でした。
マンション等の区分所有物件で怖いのは漏水・・・
当然火災保険では担保しません。
事務所や小売り店などの併用住宅であれば、特約として施設賠償責任保険が付帯できます。
もちろんこの特約・・・なんと(;゚Д゚)! 漏水担保です。。。
ぜひ御一考を。。。(take)
  次のページ >>